信頼関係を築け

先日、同業の人材ビジネス会社社長から「ちょっと会えない?!」と、連絡があり食事を共にした。
待ち合わせの店に着席するや否や、その社長が「最近どう?」
「うちはクレームが多くって・・・」を皮切りにマシンガンの如く話し続ける。目の前のビールで喉を潤したいところだが少しの間お預けである。
その社長の会社は、特に最近派遣先からのクレームや派遣スタッフさんとの補償問題が多く、悩みの種が尽きないらしい。
一例を上げると派遣先から契約期中にスタッフさんの対応が悪いから、契約満了2ヶ月を前にして終了の申し入れを受け、スタッフさんとは契約満了日までの2ケ月の賃金補償の問題が発生しているらしい。
派遣先曰く、そのスタッフさんは着任以降1ヶ月の内に3回遅刻し反省することなく「時間契約なので遅刻分は賃金から引いて頂いて結構です」と、キッパリ・・・。
私からすれば「なぜ、こうなったの?」で、ある。
派遣スタッフさんが、派遣スタートして初日は勿論、ある程度仕事や環境に馴染むまでは、スタッフさんと派遣先担当者から確り状況を確認する。当然だが一方からで無く、両方に確認する事で自分寄りの報告を鵜呑みにする事無く客観的に状況をつかむ事が出来るからである。
派遣スタッフさんにも問題は有るが、派遣元としてもそのスタッフさんを確り導けていない。
派遣先担当とも感情的になっている。こうなってしまってからは、縺れた糸をほどく様に元に戻すのは非常に困難である。
原因は派遣スタッフさんと派遣元営業担当者との信頼関係が築けていないという事で有ろう。
もっと営業マンと派遣スタッフさんとの間に信頼関係を築く事が出来ていれば、まず問題に発展することは無かったと思う。
人材派遣会社として働く場の提供や優秀な人材提供だけが目的では無く、関わるスタッフさんと仕事を通して正しく導き、気付きを与える事がこの仕事の醍醐味でもある。
営業マンの質を問いたくなる。
文明の利器による機械(PC、携帯etc.)の間違った利用のしかたで、人間が本来の人としての考え・行動をとる為に絶対的に必要な情報収集の方法「対話によるコミュニケーション」を端折っているから人間関係が希薄になり、意思疎通を図れないのでは無かろうか。
#信頼関係
#人間関係

結果を導き出す法則

結果 = 能力 × 努力 × 考え方
あなたの能力は10点満点としたら何点だろうか?
あなたの努力は10点満点としたら何点だろうか?
あなたの考え方は10点満点としたら何点だろうか?
よく、耳にしたり目にしたりしますが、あなたは如何ですか?
「私の能力は、優れている!」
「私は、人一倍努力家だ!」
「私は人を思いやる素晴らしい考え方をしている!」では、良くないですよね。
自己判断だと必ず誤差が生じます。
結果・能力・努力・考え方に対する定義も必要ですが、一度あなたなりに点数を出してみては如何でしょう。
#結果
#能力
#努力
#考え方

目的

「目的」=「行動のねらい」
私が、仕事に携わり今までに色々な「気づき」を得た。
その気づきは今、自分の考えの柱になっている。
中でも、常に頭において考え・行動をとる時の入り口に置いているモノ。
それは「目的」である。
あらゆるものには、目的がある。
人の集まりにも、モノの存在にも、仕事にも全て目的がある。
目的のない人の集まりは無意味である。
目的を持たずモノは存在しない。
目的のない仕事は存在しない。
自分自身の存在の目的から、あらゆるモノの目的まで確り確認し行動すれば全て見えてくる。
目的を考え、結果をイメージし着実に歩もう。
未来は開ける。
#目的
#行動のねらい

力仕事

この時期私の頭を悩ますのは、給与査定だ。
当社は、半期に一度、人事考課に基づいて、給与査定を行う。
成果を上げた者は給与のUPを、その逆はdownである。
世の中に、社員の成果を正確に図れる人事考課表は無いものかと思う。
期首に掲げた目標とは、違う取り組みにより生まれた成果も有るであろう。
考課表とは別にレポート提出をする様に通達してはいるが、みんな消極的でまな板の上の鯉状態で有る。
過剰なアピールは受付けないが、自分がやり遂げ、成果に結びついたものを表現してほしいものだ。
私が、結果に基づき分析し、本人の成果を見つけ出すと言った状況で有る。
もっとも、目標をかけ離れ、目を見張る成果を出してくれれば悩む事もないのだが・・・。
基本的に社員の給与は上がって当然と考えております。
#給与査定
#人事考課

環境が人を育てる

学ぶ時、教える時こそ人が成長する時。
何気なく過ごす日常生活の中に沢山そんな場面があります。
皆さんは、それに気付かれていますか?
例えば社内の日常の出来事では、部下の失敗やクライアントとのトラブル、スタッフさんが泣き言を言って来た。
などなど、色々な出来事が有りますが、そう言った時こそ日常起こる出来事から自分と相手が学んだり相手やまわりの人に教えるチャンスであり
大切で非常に重要な場面なのです。
皆さんはそれを見過ごしていませんか?
些細なことだからと、同僚・部下・上司の不可解な言動を見て見ぬ振りをしていませんか?
事無かれ主義ではお互い成長できません。
特に会社、家庭内においては非常に重要な事です。
その集合体の人と未来に悪影響を及ぼすからです。
例えば、社内で上司が発する言葉、何気無く発した言葉がその集合体の目的に反している場合があったとします。
部下は「あれ?」と、疑問を持ちますが事なかれ主義の部下は、何もなかったように振舞う。
当然上司は何気ない気持ちで発しているので目的に反した言動だと気付いていない。
まわりの人も何も言わない、気付かない。
結構、日常の光景でこう言った場面が有ります。
残念ながら、その組織は成長できないのです。
衰退して行きます。
疑問を持った部下が、当然上司で有ろうが疑問をぶつけ解消すべきなのです。
当り前の事ですが、なかなかそれが出来ない。
そこで、注意し上司に理解させられれば、まわりの人たちも何が正しい事か何が間違いか再確認できるのです。
部下が上司がと悪者探しでは無く、起こった出来事から学び合い教えあえる事が出来るのです。
そういった事を当たり前に出来る環境こそ成長できる組織=人=会社をつくるのだと思います。
皆さんもぜひ日常の出来事から互いを高め合う為の環境作りをしてみては如何でしょうか?
#成長
#環境