Home

Slider

Slider

日本は周知の通り、世界でも類をみないスピードで少子高齢化、そして人口減少が加速しています。こうした中、日本が持続的成長を目指し、私たちが健康で心豊かな生活を次世代にも用意していくには、外国人人材を積極的に受け入れ、活用する中で日本の産業構造をつくり変えていくしかありません。
また、今回のコロナ・ショックは1929年、米国ニューヨークのウォール街に端を発した世界大恐慌以来の経済規模の打撃を、グローバル経済に与えるだろうと指摘されています。したがって、新型コロナ禍が終息しても経済・社会の枠組みや仕組みにも、単なる「復旧」はなく、次代を見据え、それにふさわしい形へ変化を迫ることは間違いありません。